2010年05月29日

参院選敗北なら首相退陣=公明・みんなと連立も―渡部氏(時事通信)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は24日、千葉市で講演し、夏の参院選について「万が一負けたら、その場合は鳩山君も白紙になってもらって、首相を次は誰にするかという相談から始めなければならない」と述べ、同党敗北の場合は、鳩山由紀夫首相は退陣すべきだとの考えを示した。勝敗ラインには言及しなかった。
 渡部氏はまた、「われわれが過半数の議席を取れなかったら、公明党やみんなの党と連立して国民の期待に応えなければならない」と語り、与党過半数割れの場合は公明党とみんなの党との連立を検討する必要があるとの考えを強調した。 

090金融、容疑で5人逮捕=法定金利の最大74倍―警視庁(時事通信)
<糖尿病>学会が新診断基準決める 確実に早期発見しやすく(毎日新聞)
最年少11歳プロ棋士、ほろにがデビュー(産経新聞)
海上保安庁に虚偽通信 無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
<もんじゅ>原子炉を再起動 予定より約7時間遅れ(毎日新聞)
posted by ナツメ エイジ at 10:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

<口蹄疫>観光客も「来て」言えず 2次被害打つ手なし(毎日新聞)

 宮崎県で拡大する家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)は、畜産業界だけでなく、県内観光地など他産業へも経済的なダメージを与え始めている。また県が18日に発令した「非常事態宣言」により、全国規模のイベントなどの中止が相次ぎ、宿泊施設など畜産業と直接関係しない業種まで多方面に影響が広がっている。【川上珠実】

 「観光で今、宮崎に行っても大丈夫なの?」

 県の観光推進課にはこんな問い合わせも寄せられている。

 青出木(おうてき)和成課長補佐は「『来ないでください』とは言えない。必ず消毒スポットを通るように呼びかけている」と複雑な思いで応対している。

 県によると、18日現在、21市町で大小62件のイベントが中止になり、非常事態宣言以降はさらに増えているという。延岡市で22日に予定されていた全国規模の陸上競技大会「ゴールデンゲームスinのべおか」も18日に中止が決まった。市内のホテルメリージュ延岡は毎年、この時期は満室状態で予約を断るのが常だったが「大会関係者など約100人の宿泊予約のほとんどがキャンセルになった」と肩を落とす。

 非常事態宣言は発生地域周辺で畜産農家以外の市民にも「不要不急の外出は控えること」としており、発生地の客が集まる施設はもっと深刻だ。

 高鍋町の「高鍋温泉めいりんの湯」。1日約500人の利用客があるが、5月に入ってからは約300人に落ち込んだ。「お客が来ないと商売にならないが、『ぜひ来てください』とも呼びかけにくい」と困惑している。

 県商工連合会が4月22日〜5月15日に県内39商工会に聞き取り調査した結果によると、スーパーやホテルのほか、家畜の飼料などを運搬する運送業者にも収益の減少が広がっている。また、集会や会議の自粛で資料用の印刷注文が減った印刷会社などにも影響は広がっている。

 日高誠事務局長は「今後は畜産農家の直接的な被害だけでなく、2次被害の拡大が予想される。6月を過ぎるとさらに融資相談が急増するのではないか」と話す。

 JA宮崎中央会は、17日現在の県畜産業の被害額を161億円と算出しており、担当者は「1日10億円のペースで被害規模は拡大している」と大きなため息をついた。

ブレーキレバー折れ運転取りやめ JR西日本 (産経新聞)
悪質業者の取締強化へ 警察庁が児童ポルノ対策会議(産経新聞)
<質問なるほドリ>衛星はどうして種子島から打ち上げるの?(毎日新聞)
台湾の陶磁器作家 作品展(産経新聞)
平塚のタクシー運転手殺害 死因はCO中毒(産経新聞)
posted by ナツメ エイジ at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

<ミゼット>45年ぶり勇姿 姫路・日本工科専門学校生、消防車風に再生(毎日新聞)

 ◇防火啓発に“激走”−−あす神戸まつりで

【写真特集】消防車両や消防ヘリ、消防艇 カラーガーズ隊も 東京消防庁出初め式

 姫路市兼田の日本工科専門学校(内藤康男校長、174人)の自動車系と建築系の学生約30人が、不動車となっていた45年前のオート3輪車「ミゼット」を1年がかりで新車同然に再生した。絶版車のため純正部品が手に入らず、多くを自作。姫路市の歴史遺産を火災から守ろうと消防車風に改装し、「森の消防士・サイくん」と命名した。16日の神戸まつりのパレードでデビューした後、防火啓発活動で城下町を駆けめぐる。【渕脇直樹】

 ミゼットはダイハツ工業(大阪府池田市)が1957〜72年に計31万7152台を生産した大衆車。排気量は1人乗りの初期型が249CC、2人乗りの後期型が305CC。全長約3メートル、全幅約1・3メートルで小回りが利き、狭い路地の多い姫路で機動性が発揮できる。

 「日ごろの学習の成果を地元に還元しよう」と昨年4月に再生計画がスタート。趣旨に賛同した姫路市白浜町甲の田中勝信さん(70)から、後期型を無償で譲り受けた。車体はさびつき、穴も開いていたため、いったん解体して整備。荷台部分などは板金技術を駆使して新造した。

 さらに車体の色を赤く塗り替え、ポンプを搭載。5月6日に陸運支局に持ち込み、無事車検に合格した。

 愛称は、動物のサイが火を見ると踏みつけて消す習性を持つことから名づけた。塗装を受け持った車体工学科1年の足立貴史君(20)は「本物の消防車の色に近づけるため、6色を混ぜた。100点満点の出来」と笑顔で話し、元気なエンジン音を聞いた田中さんは「まるで新車のようだ」と感心していた。

〔播磨・姫路版〕

【関連ニュース】
【赤いクルマといえば】フェラーリ599GTO まもなく日本でもお目見え
【赤いクルマといえば】フェラーリ:12気筒エンジンの最速モデル「599」
【赤いクルマといえば】ギネスに挑戦!フェラーリ・フェスティバル
【人気のハイブリッドカーのルーツは】赤いヨタハチだった
【懐かしいシーン満載】東京モーターショー:国民の夢や希望も映して半世紀

山崎さん、16日に一時帰国=10日間滞在、千葉で報告会(時事通信)
<食中毒>「くら寿司」京都外大前店、3日間の営業停止(毎日新聞)
不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁(産経新聞)
新幹線延伸は別問題=もんじゅ再開での地元要望に―前原国交相(時事通信)
【近ごろ都に流行るもの】開運アクセサリー 不安な時代の願かけ(産経新聞)
posted by ナツメ エイジ at 19:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。